• FLSの特徴
  • IFA・MDRTメンバー伊月貴博
  • 仲介業等のサービス
  • コンサルティングの流れ
  • 提携する強力なネットワーク

会社概要

会社概要

会社名 株式会社フィナンシャルリンクサービス
住所 〒141-0022
東京都品川区東五反田5-27-10 ロイヤルハウス4F
TEL 03-5798-7607
FAX 03-5798-7617
代表者 伊月 貴博
設立 2009年10月
資本金 1000万円
URL http://www.f-ls.co.jp/
E-mail info@f-ls.co.jp
営業時間 9:00~17:00
定休日 土・日曜・祝日
事業内容
  • 金融商品仲介業務
  • 生命保険の募集に関する業務
  • フィナンシャルコンサルティング業務
  • 投資アドバイザリー業務
  • 各種セミナーおよび講演会の開催
登録 金融商品仲介業者 関東財務局長(金仲)第463号
法律顧問 東京丸の内法律事務所/弁護士:幸村 俊哉
税務顧問 税理士法人丸の内アドバイザーズ/公認会計士・税理士:岩松 琢也
取引銀行 三井住友銀行 五反田支店
城南信用金庫 営業部本店
加盟組織 一般社団法人 MDRT 日本会
特定非営利活動法人 日本IFA協会
特定非営利活動法人 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会
生命保険修士会
東京アメリカンクラブ
東京商工会議所
日本イスラエル商工会議所
丸の内スクエア・アカデミー
ファーストヴィレッジ経営者倶楽部
ファミリーオフィス実践研究会

アクセスマップ

都営浅草線ほか「五反田駅」A4出口より徒歩1分

35.62715636950407,139.72396970740965

株式会社フィナンシャルリンクサービス
〒141-0022 東京都品川区東五反田5-27-10
ロイヤルハウス4F

35.6272959,139.72366929999998

お客様本位の業務運営に関する方針

株式会社フィナンシャルリンクサービスは、IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)法人として、「クライアントの生涯価値を最大化する」という基本理念のもと、「プロフェッショナル」としての本分に基づいた金融サービス、コンサルティングを実践して参ります。

「フィデューシャリー・デューティー」とは「受託者責任」であり、「資産運用に携わる者の役割・責任」です。これはまさに弊社の企業理念である「プロフェッショナリズム」の掟を順守し続けることにより達成され、結果的にクライアントに安心・満足をお届けできるものと考えております。

では、我々の世界でいう「プロフェッショナル」と「アマチュア」の決定的かつ究極の違いは何なのでしょうか?
答えはシンプルで、「営業をする」か「営業をしない」かに尽きます。

プロフェッショナルの仕事は全て個別型、受託型、案件型のフルオーダーメイドで、クライアントとは1対1の相対となり、パートナー(伴走者)というポジションをとります。
プロフェッショナルの仕事はあくまでクライアントの問題解決であり、問題を抱えているクライアントから依頼、相談を受けて初めて仕事がスタートするという順序になります。

従って実務の中においても私どもは、不特定多数の顧客に一定の商品をセールスしていくようなイメージを想起させる「お客様=カスタマー」という言葉は使わず、「クライアント=依頼人」という言葉を使います。

資産に関して何らかの悩みや不安を抱えているクライアントから依頼・相談されて初めて仕事がスタートし、問題解決のお手伝いをして差し上げる・・・まさにこれこそが、今、求められているお客様本位の業務運営そのものであり、真のプロフェッショナルとしての仕事の在り方であると私どもは考えます。

顧客の最善の利益の追求

弊社の企業理念であるプロフェッショナリズムを実行していくにあたり、以下5コミットメントを遂行します。

1 Client first(クライアント利益第一)・・・
クライアントの利益を最優先に考えます
2 Result All(成果指向)・・・
プロフェッショナルに対するクライアントの評価は結果、成果が全てです
3 Best Quality(品質追求)・・・
いい成果を生む為には品質に拘った、質の高い仕事が必須です
4 Value based(価値主義)・・・
高い価値を提供するには努力やコストをかけることも惜しみません
5 Take Responsibility(全権意識)・・・
クライアントとは全ての権限、責任を持ってお付き合いします

利益相反の適切な管理

日本の金融サービスにおいて、利益相反が発生する構造的な要因に「製販分離」がまだまだ進んでいない点が挙げられます。IFAの「I」は「Independent」、即ち金融機関から独立したポジションをとり、限りなくクライアントサイドに立った管理体制を敷いており、利益相反は発生しないと考えております。尚、具体的な内容として弊社では10の勧誘方針を作成し、ホームページで公表しております。

手数料等の明確化

クライアントにご負担頂く手数料につきましては、弊社のサービス、付加価値に伴う対価として明確に開示致します。クライアントが求める期待を超えるサービス、コンサルティングを行い、安心、納得して手数料をお支払頂けるよう、努めて参ります。

重要な情報の分かりやすい提供

各商品の特徴、利益、リスク、またクライアントの意向、適合性に照らし合わせ、最終的にご提案する商品の選定理由などの重要な情報について、丁寧な説明を心がけます。特に昨今、複雑で難しい仕組みの金融商品も散見されることから、プロフェッショナルとして今まで以上にクライアント目線で解りやすくお伝え出来るよう、心がけます。

お客様に相応しいサービスの提供

弊社はクライアントと長期信頼関係に基づき、Face to Faceによるリレーション、ヒヤリングを重んじることにより、その属性やニーズ、資産状況や投資性向、リスク許容度等を的確に把握し、適合性の原則に基づいた金融商品やサービスを提供致します。
特に、弊社のメインクライアントであるオーナー経営者や開業医といった富裕層に対しては、財産全体を「見える化」した資料・ツールの提供や、金融サービス以外の財務・税務会計・事業承継等の課題をワンストップで包括的に解決に導く専門家組織と提携しており、クライアントを確りサポートさせて頂く体制を整えてまいります。

従業員に対する適切な動機付けの枠組み等

弊社の企業理念は全従業員が強く認識しており、それぞれがプロフェッショナルとしての崇高な理念を抱き、コンサルタント、バックオフィスが一体となり、従業員全員が当事者意識を持ってクライアントをお守りする体制を堅持してまいります。
また各種制度・規程・コンプライアンス等の研修・勉強会の定期開催は勿論、何より社会人としての倫理観や人間力が高まるような教育やメッセージを継続的に発信しており、常に前向きで明るく、高いモチベーションが保てますよう、努めてまいります。